kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

あれから二年

朝っぱらから録画してた「NHKスペシャル 3.11 あの日から2年」を見てたんですけど、なんだこれ?

 

初めの方の避難生活で家族がばらばらで可愛そう的展開でもう見る気なくなったんですけど、ホントなにこれ?

 

家族がばらばらなのがよいとは言わないけど、じゃあNHKは自分とこの社員に単身赴任させてないの?

私は今まで10回以上引っ越してるしプレハブ暮らしもしたことあるし親が単身赴任で家族ばらばらになったこともあるけど、そんな私の少年時代を指差して可愛そうなんて奴がいたらぶん殴りますよ。

そりゃ原因がまるで違うから私の状況と比べることは出来ないでしょうし、そういう状況がストレスになってる人がいることも分かるんですが、NHKのスタッフが注目したいとこはそこなんですか?

引越しと家族分離が問題なら、それは震災だけの話じゃないですよね?

 

なんだか被災者はとにかく可愛そうという目線が真っ先にあって、いろいろな問題を切り分けてないというか、初めから切り分ける気がないように思えました。

 

除染に関しては、あれは放射性物質を消滅させる訳じゃなく単に場所を移動させているだけなので、放射性物質の最大の放出元である原発跡がまだ遮蔽されていない現段階ではそんなに力入れても仕方ないでしょうに・・・

 

できれば放射性物質の集積場所というか廃棄場所も早く決めるよう行政に頑張って欲しいところですが。

 

後は朝のワイドショーをザッピングしながら思ったことを少々。

放射性物質というとどこも未だにセシウムしか発表しないんですね。

放射性物質によって危険の度合いが違うんですから、この辺はどうにかして欲しいです。

室内生産のしいたけが放射性物質未検出なのに風評被害で売れないというのはよくないことだと思うんですが、僅かとは言え放射性物質が検出された屋外生産の野菜が売れないのは風評被害でなく消費者の安全に対する基準が高いだけじゃないでしょうか。タバコの伏流煙ですら嫌がられるご時勢なんだから、区別されるのは仕方がないと思います。

 

自民党政権になって行政の足並みが揃ったので復興が進んでいるというのは喜ばしいことですが、民主党政権時に足を引っ張ってたのも自民党ですよね。震災の直後に今は政権に協力せず敵失を待つべきという主張したあいつは自民党でしたよね。

 

震災後避難先から人が戻ってこないと地元の人が悲しむ気持ちは分かりますが、震災前から過疎が進んでいた所でなんの対策も立てずそんなこと嘆かれても正直困ります。これを取材したスタッフは何を伝えたかったの?

これもスタッフによる被災者可愛そうアピールな気がします。

正直、可愛そうアピールだけなら世の中にはもっと可愛そうな人達がたくさんいると思うんですよ。

あれからまだたった二年だし、まだいろいろ外部の協力が必要な問題はあると思うんで、マスコミにはそういう問題提起を期待したいんですが・・・

 

まあそれでも阪神大震災の頃の報道と比べるとかなりマシにはなりましたよね。

阪神大震災の頃なんて災害現場の映像に派手なBGMつけたお手軽なスペクタクル映像としてばんばん流されてましたから・・・

 

広告を非表示にする