kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

裏番組の悲劇

今週のお題「こんな“ひみつ道具”がほしい!」

 

今週のお題ひみつ道具ですか・・・

ちょっと昔の話をしましょう。私が中学生くらいの頃の話です。

いまからちょうど三十年前になりますかね。銀河漂流バイファムというロボットアニメがありまして、その放映日が元々は金曜日の夜七時からでした。いわゆるゴールデンタイムです。私はその番組が好きで好きでたまらなかったし、世間的に見ても人気はあったと思います。でも放映途中で実に悲しい大人の事情でその存続が危ぶまれることになりました。

 

視聴率です。

 

当時の金曜日の夜七時、凄く人気のある裏番組が存在したのです。

そのせいでなのか視聴率が振るわず、当時バイファムは打ち切りになるのではないかと噂されました。その噂を聞いた全国のファンが慌てて放送延長を願う署名活動をして、実は結構な人気があったことが明るみになったのです。当時はネットなんて便利なものは無かったので、アニメイトとかにノートを置かせてもらって署名を集めたんですね。

懐かしいなぁ・・・

 

懐かしいなんて言ってはいますが、そのバイファムの裏番組は今も金曜日の夜七時から放送してますね。三十年以上もゴールデンタイムを守り続けるなんてホント凄いです。凄いとは思いますが、やはりバイファムのファンからするとちょっと複雑な思いがあるんです・・・

 

そんなバイファムも今ではDVDになっていて好きなときにいつでも見れるんですが、いかんせん手書きに手塗り時代のアニメなので今の高画質なテレビで見るとちょっと辛いものがあります。ストーリーやデザインや音源は昔のままでいいので、画質だけもっと綺麗にリメイクしてくれませんかね。メカなんかは動きはそのまま今風にCGばりばり使って高密度な画にしてもらうと凄くありがたいです。

 

ねえドラえもん、君にも裏番組を打ち切りの危機に追いやった事実に少しくらい罪悪感があるなら昔のアニメを高画質にするひみつ道具を出してくれないかな。君だって大山のぶ代声の頃の画質は似たようなものだろう、これはお互いにとって利益になることじゃないか。

さあドラえもん、君に人の心があるならば私のバイファムを今すぐ高画質にしてみせろ!!!

40代独身男のささやかな夢くらい実現させてください・・・

 

そうそう、今週末で終わってしまう超大河原邦夫展でもバイファムの原画は展示されているのでファンの方は忘れずにね!

トランファムは展示されてないがな!!

広告を非表示にする