kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

発射延期

新型ロケット「イプシロン」の発射延期は個人的に最近の国内で一番残念なニュースです。

私は人口減少主義者で、機械に出来ることはどんどん機械に任せてしまえというタイプなので、自律点検システムで大幅に人手を減らしたイプシロンには大いに期待していたんですよ。

今回の延期の原因が自律点検システムのバグで無ければいいんですが、別の原因ならそれを見つけた自律点検システムが偉いってことになるわけで、今回の中止にも意味があったと思います。どんどん人工知能が発達して、自立型のメイドロボとか早く開発して欲しいですね。

 

最近の福島の放射性物質流出は残念なニュースではあるけど、日本の放射線関連の関係者のやることなんてまあそんな程度だよねって印象。

もともと自分が近づきゃなきゃ危険がないからって危機感のない上層部と、何故か自分だけは大丈夫だと思ってる現場の人達だけで構成されてる組織だから、全部入れ替えでもしない限り何度でも同じこと繰り返すのはある意味必然でしょう。おまけに自民党自体が原子力政策を推し進めてきた上にまったく反省してない連中だから政治にもまったく期待できないですしね。もともとどんなことが起きても大丈夫なように都市部から離して建ててるので、今更どんなことが起きようが世論が騒がなきゃどうでもいいて感じでしょ。

民主党政権の時にあの事故が起きたのはある意味幸運だったと思います。自民党時代ならあの事故ももっと巧妙に隠蔽してたでしょうから。

まあ私自身、この二十年は原子炉に近づかなきゃ大丈夫という方針で何もしてこなかったからあまり人を批判できないんですけど・・・その辺は日本人全員の罪だと思うので、今後は原発なんかに頼らなくてもいいようによりいっそう節電生活を頑張っていきたいと思います。少人口低消費デフレ経済が一番ですよ。

広告を非表示にする