kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

Kindle Voyage購入

実は自分用のクリスマスプレゼントとしてKindle Voyageを購入してたのですよ。

そんな訳で、しばらく使ってみた感想など・・・

 

キャンペーン情報の有無と3Gの有無で値段が違いますが、購入したのはキャンペーン情報ありで3G対応版。paperwhiteとEペーパー端末が二台になるので、家用と通勤用で使い分けようと思ったのです。家だとWiFiがあるのでいいのですが、通勤時にどう同期するのか考えて3G対応にしました。キャンペーンは普段見落としがちなので、むしろあった方がありがたいのです。
3Gありだと5千円ほど高くなりますが、paperwhiteの経験で2年は端末を使えることが分かっているし、月当たり二百円程度と考えると余分な機材持ち歩くより良いかなと。
ぶっちゃけ3Gは無くてもなんとかなりますが、あると便利ですね。

 

ただこれはVoyageだけの問題ではないのですが、手持ちの本の中から目当ての本を探し出すのがしんどいです。何せもう千冊近くありますからね、リストから探し出すとか無理!
セールの時に既読本いっぱい買いなおしたからなぁ・・・

最低でも作者名・作品名・出版社で階層表示はしてください、amazonさん。

ある程度まとまった量をダウンロードする時は、PCからamazonのMy Kindle経由で指示するのが一番楽ですね。

 

Voyage自体の評価だと、重さやサイズは正直paperwhiteと大差ないです。
操作性も今売ってるpaperwhiteと比べると特に早い訳でなし。
さすがに私の持ってる旧モデルと比べるとメニューのレスポンスが早くて感動できますが・・・


ただ電源ボタンが背後になってて、一般的なカバーだと押せないのは駄目ですね。時津風に見せたら「無理なボタンの位置はやだー、凄く嫌」と泣き出すレベル。私は電車で読むので保持用のバンド必須なんですが、純正のカバーによさげなものが無いので辛い・・・
今はpaperwhite用のを無理やり使ってますが、ボタンの位置がなぁ・・・

 

ボタンと言えばページ送りもボタンというか専用の場所をタップできるようになりましたが、いつも通りの画面タップも出来るので特にありがたみはないです。
ページを戻る時に便利かなという程度。

 

明るさ調整が自動なのは何気に便利ですね、特に冬場は。便利というか、paperwhite使った時に凄く不便に感じ始めます。

普段はあまり意識しないけど、無くなると困る機能ですね。

 

まったく予想外だったのは、フォントが凄く奇麗なこと。
私の場合、Voyageだとpaperwhiteよりフォントサイズがワンランク小さくても平気でした。小さい文字が滲んで見えてたのは、ホントに滲んでたんだなと実感。
漫画ならともかく、小説ならpaperwhiteで十分とか思ってましたが、人間の目って思ったより性能いいんですね。

 

よく本を読む人なら、断然Voyageをお勧めします。
ただ昔のSANYOの製品と同じで、凄くいい部分があるというより悪い部分がないというタイプなので、Voyageだけ使ってても値段分の満足感は正直感じないでしょう。当たり前だと思ってることが当たり前に出来てるだけなんですよね。
SANYOの製品は他より安いことが多かったのでそれでも良かったんですが、Voyageは頭一つ飛びぬけて高いからなぁ。
ただ他の安い端末に乗り換えた時に当たり前と思ってたことが当たり前でなかったと気付いて、結局Voyageを使い続ける感じ。paperwhiteを使ってた時は、paperwhiteに何の不満も感じてなかったんですけど、今じゃ家用にもVoyageが欲しいです。

もともとは漫画も読めるようにVoyageにしたのですが、フォントが奇麗になったことに満足してまだ漫画には手をつけてません・・・


ちなみにVoyageはオヤジと読みます。
人類は衰退しました」を読んでいるので、それくらいは分かります。

広告を非表示にする