kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

住民投票

世間では9連休や13連休という人もいると聞き、器の小さい私としては憎しみで心が満たされたという訳ではないのですが、タイミングよく大阪で住民投票がそろそろなのでここで毒を吐いておきたいと思います。

 

私は大阪都構想には賛成です。というか、ここまでいろいろ技術が進歩した世の中で今の行政システムはいろいろと時代遅れなのでさっさと変えるべきです。

 

ところで何故自民党とか既存の政党は軒並み都構想に反対なのでしょうか?
それは彼らの職業を考えれば分かります。彼らは昔から政治屋をして飯を食ってます。八百屋が野菜を売り、魚屋が魚を売っているように、彼らは政治・・・つまるところ税金を売って金を稼いでいます。


ある時は彼らの支持層に税金が支払われるように開発計画を立て、ある時は彼らの支持層に補助金が払われるように保護政策を作ります。支持者ならまだ可愛げがありますが、家族や自分の企業に口利きすることも多々あるようです。
その見返りとして献金や票を貰うのが政治屋という商売です。
普通の魚屋が海の保護なんか考えないように、政治屋は国の行く末とか国民の生活なんて考えません。
どれだけ儲かるか、それが全てです。
そして儲けようと思えば、元手となる税金は沢山使えた方がいいのです。

 

大阪では府と市による二重行政で無駄なカネが使われているとよく言われます。
無駄なカネと言っても、そこに投入された税金が消えてなくなる訳ではありません。
当然、その金は誰かのポケットには収まるのです。

市民や府民にとっては無駄カネですが、自民党民主党共産党にとって、さらに彼らの支持者にとってそれは立派な収入なのです。
その収入を減らすなんてとんでもないと政治屋達は怒っている訳です。

 

こんなことを書いてると政治屋は悪い奴だなんて思う人もいるかもしれませんが、彼らは銃やナイフで人を脅して権力の座に就いた訳ではありません。
一番恐ろしいのは、そんな政治屋に票を投じる有権者がたくさんいるという事実です。自分が儲かればいいという連中を支持するのは、自分が儲かればいいと考えている連中だけです。
そんな社会では福祉と教育に回す予算がガンガン削られます。
ただでさえ大阪は共産党福祉を食い物にして、あまり有効に活用されていないというのに・・・

 

アベノバブル政策の恩恵で日本の国債の評価はガンガン下がり、バカみたいな金融緩和は先進各国から早く死ねよという勢いで嫌がられてます。しかしそれを止めたスイスがあんな目にあった後では迂闊にやめる訳にもいきません。
現政権のおかげで、もはや破綻するのは目前です。
そして福祉と教育に回すお金がなくなれば、十年程前のイギリスと同じような都市圏での暴動が待っています。
最近ではアメリカでもよく暴動が起こっていますね。


都市圏ほどスラム化する速度は速いので、改革に着手するなら早い方が良いのです。

正直、次の住民投票で都構想反対派が優勢になるのなら、大阪から引っ越しするつもりです。スラム化が顕著になってから逃げ出そうとしても、よさげな所はもうなくなってるでしょうからね。

今の日本だと大阪ほど住みよい都市は他にないので、出来ればこのまま住み続けたいというのが本音。
後は大阪に住む人達がそれ程馬鹿でないことを祈るばかりです・・・

広告を非表示にする