kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

問題児(今年53個目)

1/144 ガンダム ジ・エンド

f:id:tana110:20150602221133j:plain

これは評価するのが実に悩ましいキットです。
物凄い意欲作ではあるんですよね。もともとギミックが多い機体ですが、そのギミックをマント以外はキットに全部取り込もうとした意欲は評価したい。
ただお値段とのバランスのせいか、残念な部分も多いんですよ。
色分けがシールに頼っているのは仕方ないとはいえ、スリットが再現されている部分を覆いかぶすようにシールを張るのは・・・シールを張るなら平面でいいし、立体的にするならシールでなく成形色の色分けで対応してほしかったところです。
またいわゆる肉抜き穴が目立つのも見苦しい。欲を言えばマントも欲しかったところ。
部分塗装もそれほど難しい場所じゃないし、穴塞ぎもさほど技術は要求されないので、パチ組から脱却するのにはよい素材かもしれません。パチ組派には辛いキットですね。
ちなみに指の穴塞ぎにはエバーグリーンの幅4.8mmの短冊がぴったりサイズでした。具体的には品番108。わざわざその為だけに買うのもなんですが、プラ版を切るのもメンド臭いという人はどーぞ。
ミサイルの発射口まで塞いだことには後で気づいたんですが・・・

マントは初めはキッチンペーパーを赤く染めようと思っていたのですが、ダイソーで臙脂色の端切れを見つけたので布で作ることに。加工のしやすさならキッチンペーパーなんですが、染める手間と染料の価格を考えると・・・

f:id:tana110:20150602221310j:plain

アニメだと一瞬しか映らなくて、ドリル的なものくらいの認識しかなかったイッカクさんがいろいろと衝撃的。

 

1/144 ディナイアルガンダム

f:id:tana110:20150602221359j:plain


後半の問題児、ジュンヤ兄のオリジナル機体ですね。
関節は基本的にビルドバーニングと同じなので、可動は良好。
組み上げてみると脚の長さに驚きですが、まあそういうデザインなので仕方ないですね。
デザインというとこいつの目が赤いのですが、ガンダムでは目の周りの隈どりが赤いということが私の脳に刷り込まれているせいで、目が無いように認識されてしまう・・・
足首が細すぎてそのままでは可動に難ありなので、足首部分の内側を削って接地性を高めてます。
クリアパーツも奇麗だし、デザインが好みならお勧めです。