kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

今週のプリパラ

今週のプリパラは、いろはが久しぶりに登場して一安心。
ちょい役でもちょくちょく登場してくれるのはストーリーが安定している証拠てすからね。今週出番がなかったアルマゲドンも来週は出るみたいだし。

 

今まではメンバーの入れ替えはチャームによる自動選択だったのが、今回でついに自主的な判断になりましたね。シオンの脱退なんてドロシーなんかはもっと激しく否定するかと思いましたが、文句は言いつつ認める方向だったので随分成長したなぁ。
とか言いつつドロシーは何気に夏秋と今までのグランプリ制覇しているので、勝者の余裕というのもあるのでしょうね・・・

 

プリパラのキャラは年齢の割に自分の考えがしっかりしているので、こーゆー展開も安心して見れるのがいいところ。
私は友達だからみんな同じ大学に行こうとかべたべたした関係を気持ち悪く感じるタイプなので、ホントにありがたいです。

アイドルマスターシンデレラガールズでは高校生にもなってその辺の整理を出来ない馬鹿が、ひたすらぐだぐだぐだぐだ悩んでそれまでの展開を台無しにしてやがりましたからね。仮にもステージに立って観客を鼓舞しようとする者が、自分一人の意思でステージに立てなくてどうするんだよと・・・
それが出来ないなら辞めちまえと思うんですよ。他の仲間のことばかり気にしてても楽しくなんかないでしょうに。

 

プリパラだとアイドルを目指すのを辞めちゃった子のこともそれとなく言及されてるし、そーゆーのを乗り越えて続けてきている子達だというのもあるんでしょうね。

根っこがゲームだから、楽しくないなら続けなくてもいいんだよということなのかも。

 

子供達がいろいろ悩んで行動する展開になると、あじみ先生はさすがに出番が減りますね。
校長と違って子供達のサポートする役割でもなく、ただのトリックスターだからなぁ・・・

あじみ先生が導き役になったらこの番組も本格的にヤバイかも・・・

 

今後の展開としては、冬で一度挫折して春で挽回するという流れでしょうか。
委員長にいろいろフラグが集中してきましたが、「ぷりのままで!」を超えることができるのでしょうか。期待と不安が山積みな気分です。

広告を非表示にする