読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

2015年年忘れ毒吐き その二

さて今日はエネルギー問題についてです。


私は長い目で見ればエネルギー問題には楽観的です。
だってほら、皆さんもご存じの核融合炉があるじゃないですか。
あれは私が生まれた時から問題なく稼働し続けてますが、実際にはそれ以前からずっと稼働しているらしいです。具体的に言うと46億年くらい前らしいです。


ところで我々はその核融合炉からどのくらいのエネルギーを受けているかというと、核融合炉からの距離と地球の断面積を比べると、そのほとんどを無駄にしてるんですよね。割合から言うと百%近く無駄にしています。


ぶっちゃけ地球の断面積と同じ大きさの太陽電池を設置すれば、得られるエネルギーは2倍。
そして百倍くらい大きいのを作っても、宇宙にはまだまだ場所は余っています。いくらでも好きなだけ使ってください。


とは言え、今はまだそんなにでかい施設を地球の外に作り出す技術が存在していないのも事実です。
だからそれまでは省エネして我慢するしかないですね。
なあに、人口を減少させれば1人当たりのリソースはそれほど減らす必要はないですよ。
効率のいい機械の開発と逐電設備の発達も加えれば、それほど生活レベルは変えなくても済むんじゃないかと楽観しています。

 

森を切り開いて太陽電池を敷き詰めている馬鹿がいますが、太陽光の利用という意味では無駄にも程があるのであんな愚かな行為はすぐにでも止めて欲しいですね。むしろ森を活用する方向で考えるべきです。

 

原発については、今の技術で完全に使いこなすことは不可能な施設ではあるのですが、もともと爆発しても構わないところにしか作ってませんから、動かしたけりゃ動かしゃいいです。実際爆発して謝罪を求めても「所詮金だろ」と見下され、現在進行形で汚染水をドバドバ垂れ流すことを「アンダーコントロール」と称されて終わりなことは皆さんも御存知のとおり。

近くに住んでる人がそれでいいというのなら、勝手にやってください。こちらも原発で発電量が増えようが勝手に節電し続けていく予定です。