kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

家庭菜園の勧め

今週のお題ゴールデンウィーク2016」

 

せっかくの連休と言っても行楽地には人が溢れ、交通機関は渋滞気味。
こんな時に遊びに行っても余計に疲れるだけで大して楽しめないし、とは言え家でゴロゴロしているだけでもつまらない。

 

そんな感じの人には家庭菜園を始めることをお勧めします。
家に一日6時間以上直射日光が当たるスペースがあるなら迷うことはありません。
準備から始めても二三日で終わるし、その後数ヵ月は楽しめますし。


都会では土を手に入れるのも面倒だとか、庭もベランダも無いから室内しか駄目だよという場合は、
手間いらずの水耕栽培がいいですよ。
レタスみたいな葉物やハーブなんかなら、容器はペットボトルでいいし、プチトマトなら6リットルくらい水の入るケースならなんとかなります。
初期投資として苗か種と水耕栽培用の肥料が必要ですが、その中で一番お高い肥料でもこの程度のお値段。

趣味でやる程度なら一年は十分持ちます。

混合タイプは、百円ショプなんかで売ってる化粧品を取り分ける用のシリンジがあると混ぜるときとても便利。

 

苗はこの時期なら大きめのホームセンターでいろいろ売ってると思いますが、私の経験でとにかく失敗が少ないのがプチトマト・ピーマン・大葉ですね。
ただし大葉は近くに地面があると翌年から周辺が大葉だらけになる危険性があるので要注意です。
私も一度鉢で育てたら、翌年からベランダに置いてるあらゆる鉢とプランターから大葉が芽を出すようになりました・・・
ホームセンターに行くことすら面倒だというなら、ネギです。
スーパーで売っている根の着いたネギを下から5センチ程度切り取って植えておくだけで、あっという間に再生します。
ただ水耕栽培だとこまめに水を変えないと、水がむっちゃ葱臭くなるので要注意です。

 

家に野菜が植わっていると、地味に便利なんですよね。
レタスを一枚だけ使いたい時とか、インスタントを作ったけどちょっと薬味が欲しい時とか、買いに行く手間無く手に入るのが嬉しいのです。

 

f:id:tana110:20160501103028j:plain

 プランターがあるならキュウリもいいですが、うちはうどんこ病の発生率が高くて・・・

広告を非表示にする