kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

寝ながら運動

ウォーキングを続けたり、食事制限したりで体重は落ちても、お腹のぷよぷよ感がなくならず
抜本的な対策をすべくEMSに手を出したのです。

 

EMSというのは、皮膚に貼り付けたシートから電流を流すことで筋肉を強制的に動かすという拷問装置のことです。普通にトレーニングを何十分と出来る方には無用の長物ですが、楽してトレーニングをしたい人には夢の機械なのです。
私としてもきちんとトレーニングする時間があるのならそうしたいのですが、ウォーキングしたり家事したりプラモ作ったりアニメ見たりぐっすり眠ったりと日々忙しく、新たに腹筋をトレーニングする時間が取れないからこそ長年お腹のぷよぷよ感が取れなかった訳で、時間がないなら併用できる手段を探すしかなかったのです。
そんな訳でアニメを見ながらEMSでトレーニングすることにした訳です。

 

まずEMSとやらがどんなものかもよく分らなかったので、初めは千円チョイのお安いものを購入しました。
それで試してみたところ結構効果があると実感したのですが、一か月もしないうちに壊れてしまい、きちんとした製品を買おうということで東レのトレリート EM300-LBをチョイスしたのです。

EMSには腹筋に特化したベルト型のものもありますが、いろんな所に使える方がよいかと思い、ベルト型はやめました。夏場はけっこう汗をかくから臭くなりそうだし・・・

 

トレリート EM300-LBはタイマーが30分・45分・60分の三種類しか選べないのことにやや不満はありますが、強度は小刻みかつ左右別々に設定できるのはいいですね。
起動すると準備運動→通常→慣らしとモードが変わりますが、各モード変更時に設定した強度がリセットされるのが若干うざいです。強度を初めに設定しても、準備運動が終わると元に戻っちゃうんですよね。それさえなければ高評価だったのに・・・

 

EMSを使うとかなり筋肉が動くので、運動としては効果があると思います。
使い始めて一月ほどでかなり腹筋がついたというか、それまで柔らかいゴムの上にぷよぷよした脂肪が乗っていたのが、堅いゴムの上にぷよぷよした脂肪が乗っているという感じ・・・ぷよぷよ感減っていない!!
でも体型は変わったんですよ。体重は変化しませんが、ウエストは引き締まりました。腹筋という土台が鍛えられて地形は変わったけど、その上の土壌は特に変化ないみたいな感じ。

計算外だったのは、けっこう刺激が激しいというか、姿勢が変わると刺激も変わるので動きながらやるのは止めた方がいいということ。
プラモを作りながらは出来ないですね。
アニメを見ながらプラモは作れるし、アニメを見ながらEMSは使えるけど、アニメを見ながらプラモを作りつつEMSは出来ないので、プラモを優先するとあまり使う時間はありません。

 

後は汚い話ですが腹筋と一緒に腸も動くせいか、かなり便意が激しくなります。
特に最初のうちはいわゆる宿便的なものが落ちてくるのか、トイレに行く回数が増えることになります。便秘の治療としてもいいかも・・・
ただ尿結石の気がある人は要注意。結石も落ちてくる可能性が高くなると覚悟した方がいいです。
私は覚悟が足りなかったので酷いことになりましたが、まあ石が成長仕切る前にEMSの刺激で落ちてきたと思えば最悪は回避できたということだと自分で自分を慰めました。
これからEMSを始めようという人で、健康に自信のない場合は休みの前日から始めればいいと思います。

GW後半が始まる今頃なんていいですね。

 

粘着シートも二十回くらいで駄目になるので、その分のコストも計算に入れて購入を検討した方がいいです。

かなり強い振動にしても耐えれるようになったかと思ったら、単に粘着シートが古くなって電気が伝わりにくくなっていたなんてこともあるので・・・

広告を非表示にする