読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

西尾維新著「悲痛伝」を読んで

西尾維新さんの悲鳴伝の続編なのですが・・・

 

内容はもう悲痛ですね。


どの辺が悲痛かと言うと、齢十三歳の我らがヒーロー空々空が女子中学生の脚で踏まれたものを食べて「美味い」と言ったり、その子の来ているロリータファッションを脱がして自分で着込んだり、その子の友人の女の子のスカートの中を覗き込んでパンツの中に手を突っ込んだりします。
悲鳴伝ではけっこうクールに描かれていたのに、あっという間にこの有様が悲痛でなくてなんと言うのでしょうか・・・


そりゃ西尾維新という変態のことを知っていれば、そーゆー展開もありうることは予測できるのですが、ちょっと欲望全開過ぎやしませんかね・・・
自伝的小説の中で、女子小学生に監禁されて一緒にお風呂に入ったことが自分が作家になったきっかけだなんて書く人は色々とぶっちぎってて恐ろしい・・・

 

悲鳴伝ではそのジェットコースター的なスピード感が堪能できたのですが、この悲痛伝ではそれが各駅停車(しかも各駅で特急待ちの時間調整あり)になってしまったのも悲痛なところ。
物語シリーズで羽川さんがラララ木君は朝起きて家を出るまでに一章必要だと揶揄ってましたが、この本では空々君がその動じない性格で即決するのに十頁以上かけて延々と説明が入るので、スピード感は皆無です。
偽物語が展開遅いとご不満な方は、手を出さない方がよいでしょう。

 

女子中学生に並々ならぬ興味があるという人以外にはお勧めできない悲痛な本ですね・・・