読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

プラアクト(2016年55個目)

PLUM プラアクト・オプション・シリーズ06:フレームユニット

f:id:tana110:20160705214356j:plain

ホビーショップの店頭で見かけないビニール袋を見つけて、試しに購入してみました。
プラアクトという、PUUMのオリジナルプラモシリーズです。
1/144のガンプラより一回り小さいものの、手脚はボリュームがありますね。
キットとしてはスナップフィットで精度もよく、普段ガンプラを作っている人なら朝飯前でしょう。

f:id:tana110:20160705214407j:plain

可動はなかなかのものですが、肘も膝も挟み込み式で分解もし辛いので、古いガンプラの関節パーツとして流用するみたいな使い方には不向きですね。
お父さんが低学年の子供にパチパチ組み立ててあげるには最適なキットだと思います。

さてフレームユニットを作っているうちに記憶の扉が開いて、初期のプラアクトを買ったまま積んでいたことを思い出して発掘。

 

PLUM プラアクト02:真田

f:id:tana110:20160705214411j:plain


フレームユニットは同じで、その上に装甲を被せていく作りです。
ただ同じフレームユニットとは言っても、こちらはごく初期のものなので調整が甘く、そのままだと途中までしかはまらないパーツが続出しました。
プラが柔らかいせいもあって、途中まででも差し込んでしまうと分離が困難なので、ダボは全部楔形にでもカットして組み立てた方がいいです。
一昔前のコトブキヤとか、今のWAVEのキットの出来の悪いとこを集めたような感じ。
今から手を出そうという人なら、新しいキットに手を出すか、どうしても古いキットが欲しいなら、フレームユニットだけは最新版を流用した方が良いと思います。