読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

西尾維新著「業物語」を読んで

前巻の「愚物語」があまりにもアレだったんで次を読むのをどうしようか躊躇ったのですが、最後に読んだ物語シリーズがアレのままというのも残念過ぎるので読むことにしました。

 

読んだ後の感想としては、「愚物語」より遙かに面白いです。
どれくらい面白いかというと、ファーストシーズンの頃に比べたらかなりつまらないし、セカンドシーズンと比べてもつまらない方だけど、ファイナルシーズンと比べたら同じくらいのレベル。
なので物語シリーズを最後まで追いかけてしまった人なら楽しめるでしょう。

 

今のところ、物語シリーズでは前巻の「愚物語」が底です。どん底です。
今回は三編ともあまり尻切れトンボ感もないし、水増し感もやや薄め。
とは言え、とりあえず長編の出だしっぽいものを書いて、要望が多ければ続けていこうというコンセプトは継続中ですね。


物語シリーズ初期の書きたいものを書きたい分だけ書くという感じは薄れて、思いついたネタを忘れる前に書いておいて、それだけだとちょっと足りないから余計な語りを水増ししているという印象です。

この巻は今までの水増し部分は許容出来る人なら、面白い部分もそれなりに散見できるのでお勧めです。