kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

業務連絡

ようやくメタモンをゲットしました。
これでポケモン図鑑の「見つけた数」だけが増え続けて「捕まえた数」がゼロという事態を怯える必要がなくなったので、
しばらくはポケモンゲットをPulsに任せられそうです。
そろそろスマホすら冷たく感じる季節なので、Pulsのプラスチックな手触りがありがたい・・・

次のイベントでは経験値やポケモンはそのままでいいので、10km卵大量ゲットキャンペーンとかしてほしいですね。
ラプラスとかプテラが欲しいんや・・・


進化が残ってるポケモンも後はピッピ・ベトベタードガースの三種。
また新種のポケモンが追加されるという噂もあるので油断できないところですが・・・

 

さて某ブラウザゲームの秋イベントもようやく終わった訳ですが・・・
ところで話は変わりますが、「この世界の片隅に」で時限式爆弾の底意地の悪さに驚いたというピュアな人もいるかと思います。
あれは空爆によって施設を破壊するのが目的でなく、一人でも多くの犠牲者を出すことが目的で、その為に人の心理を巧妙に利用している兵器な訳ですね。
だからあの爆弾を設計した人は、あの映画を見てあの爆弾がどれだけの被害を出したかを見てニヤニヤ笑ってガッツポーズしたはずです。
原爆投下をも、一人でも多くの人が巻き込まれるように時間と場所を綿密に計算していて、それを決めた人達は被害の規模を聞いて拍手喝采したことでしょう。


別にアメリカの戦略が非道だったといいたい訳じゃありません。
日本でも戦果が出ないと分かっていながら特攻作戦を繰り返していたのは、特攻を命令するのが気持よかったからだという証言もあります。
世の中には人の嫌がることをしたくてたまらない連中というのが一定数居て、戦時中はそんな連中が人の生死を決めれるような権力を手に入れやすくなっていたというだけのことです。

人の嫌がることをしたくてたまらない人は、いつの時代にもどこの国にでも一定数いるのです。


あなたにも心当たりはありませんか。
会社なら、実行不可能なノルマを出してそれを達成できなかったことを理由にねちねちと嫌味を言う人。
部活なら、無理な課題を出してそれを出来なければ罰として校庭を何週も走らせる先輩。
最近だと生徒を菌呼ばわりして自殺に追い込む先生なんてのも話題になっていましたね。

彼らは自分達の権力を最大限に利用して人に嫌がらせをするのが生きがいです。
家でしか威張れないのなら家で暴力をふるうし、会社に部下が出来ればその部下を虐める訳です。
勿論ゲームのバランスを決める決定権を持たせれば、そのゲームでどれだけユーザーが嫌な気分になるかを考えます。

 

だから重要なことは、そういう連中に力を持たせないことです。
不幸にもそういう連中が権力を持ってしまったのを見つけたなら、彼らをそこから引きずりおろすかそこから逃げ出すかしかありません。
私の友人達が某ゲームを辞めたのは正解でした。
次もこんなイベントなら、私も続けないでしょう。

f:id:tana110:20161209214954j:plain

広告を非表示にする