読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

密林の憂鬱

時事ネタ

最近どうにも気になるのはヤマト運輸のお話。


私もよく利用しているので人事ではありませんし、サービスが良くなるなら値上げしてもかまわないとは思うんですよ。

ただ気になるのは、この話になると枕詞のようにAmazonの名前が出てくること。

 

そりゃ大口の顧客なんだから無関係とは思いませんが、報道のほとんどでそれが原因みたいな扱いじゃないですか。

それじゃAmazonの取り扱いを止めた佐川急便は左うちわなのかというと、こちらもヤマト運輸とほぼ変わらない状況。

つまり現在の日本の事情に運送会社が付いていけてないだけなのに、ヤマト運輸Amazonの話に持っていきたがる連中がいるのが気になるのです。

単にAmazon叩きがしたいだけじゃないかと勘繰ってしまうのですよ。

 

なんか日本の企業を大切にしようなんて言う馬鹿が一定数居るじゃないですか。

ダイソンやティファールの製品でなく、東芝やシャープの製品を買おうとか言うマヌケな連中のことですよ。

結局どっちの製品も海外工場製なんだから、どっちを買っても日本の利益は一緒なのに・・・

いろいろとやりくりして五年間も日本に法人税払ってなかったトヨタみたいな悪徳会社もいますしね。

 

別にそんなメーカーを買うなって言ってる訳じゃないんです。

今時大きなメーカーなんてただの多国籍企業なんだから、値段と品質に満足できればどこで買ってもいいんですよ。

でも正直に言って、家電製品で東芝やシャープの製品なんて値段ほどの価値はないと思うのです。

なんかやたら多機能だったりしますが、その機能全部使いますか?

いらない機能付けて値段が高くなってるだけで、しかもその分ボタンとか増えてて使いにくくなってませんか?

それを「元」日本企業(現在はただの多国籍企業)だからって理由だけで優遇してどうするんですか。

きちんとユーザー目線で評価して、駄目なものは駄目と言わないといつまでたってもまともな商品出さないし、そんな組織はどんどん駄目になっていくものです。

その結果があのざまですよ。

 

国籍とか関係なく、自分が一番だと思うものを応援しないと世の中どんどん駄目になっていくんです。

ぶっちゃけ今の通販系でAmazonほど顧客目線なサービスはありません。

品揃えはいいし、何かあってもすぐ対応してくれるし。

他のメーカーもAmazonを敵視するんじゃなく、良いところはどんどん真似して欲しいですね。

真似じゃなくてもっと良いものを新規に作り上げてくれたらもっと嬉しいですが・・・

広告を非表示にする