kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」を見てきました

機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」を見てきたんですよ

 

相変わらず胸糞悪くなるシーンが多くて、音楽は素敵ですね。

ただ前作に比べると背景に自然が多いせいか、かなりマイルドになってる気はします。

 

序盤で特攻するジオン兵が「こんな作戦考えるやつは死んでしまえ」的に喚いたりと、相変わらず生々しいシーンは多いのですが・・・

 

メカの方も相変わらず凄いですが、今回は特にグフとアッガイが良かったです。

アッガイがGMより一回り小さいのが特に良かった・・・

最近のバンダイが出すアッガイはでかすぎるんですよ。

あれじゃ熊じゃないですか・・・と言うか、最近は熊の方が売れすぎていてアッガイの恨みがハンパないというバトルローグ三話とかありましたが・・・

 

あの世界にもコアファイターがあるのが驚きというか、普通に戦闘機なんですね・・・

 

今回はまた音楽が凄いというか、スタッフが楽しんで作ってるのが伝わってくる感じ。

特に「かわいいわたし」が可愛すぎて、ずっと聞いていたくなります。

かかってるシーンも見かけは凄く可愛いし・・・実情知ってるとクソだけど・・・

 

前作が好きだった人なら勿論、前作はちょっときつかったという人でも今回なら大丈夫な気がします。

話的にはまだ序盤で、これからどうなるかはわかりませんが・・・

 

同時上映のトワイライトアクシズは、ガンダムのいろいろな知識がないと訳がわからない上に、設定がいろいろと矛盾が多すぎで、ストーリーもぶつ切りというアレな出来なのでお勧めできませんが・・・

「劇場版 はいからさんが通る 前編 紅緒、花の17歳」を見てきました

「劇場版 はいからさんが通る 前編 紅緒、花の17歳」を見てきたんですよ

 

初めて劇場でポスターを見たときは何故今頃になって「おとめ妖怪ざくろ」の映画化をと驚いたんですが、よく見たら「はいからさんが通る」でよけいに何故という気持ちが高まったものです・・・

 

色々調べてみたら、昔のアニメは諸事情で打ち切りだったんですね。

とか思ったら、打ち切りだからわざわざ原作に手を出していた過去まですっぱり忘れていたことに後で気づいて、しかも話の内容をほとんど覚えていなくて、歳は取りたくないものですねぇ・・・

監獄で使えるトイレットペーパーが30センチしかないとヒロインが嘆くのはこれでしたっけ?

 

そんな訳である意味まっさらな状態になっていたので、気楽に劇場に足を運べた訳です。

お客さんは流石に女性が多めで、年齢層も高めでしたね。

数少ない男性客もおっさんか爺さんばかりでした・・・

 

話の方はTVアニメなら一クールでも厳しい内容を90分に詰め込んでいるので、良く言えばテンポがいいのですが、ややご都合主義感が強くなっている感じ。

これは一山あるなという問題が十分後には解決してるということが次から次へと起こりますからね。

ひとつひとつのエピソードは面白いのですが、それが立て続けなことを受け入れられるかどうかで評価は変わってきますね。

私はややくどく感じました・・・

 

せめてTVアニメで一クールでやってほしかったというのが正直なところ。

後はTV版のOPがちょこっとしか使われてなかったのも残念です。

あれは女学生編が一番似合ってるのに・・・

 

残念なところはありますが、面白い部分も多いので昔のOPを口ずさめる人なら見に行ってもいいと思います。

後半は更に怒涛の展開だった気がするので、どうまとめるのか今から不安・・・

「マイティ・ソー バトルロイヤル」を見てきました

マイティ・ソー バトルロイヤル」を見てきたんですよ。

 

結論から言うと、スカッとするアクション映画を見たいなら是非行くべきです。

 

実は私、マイティ・ソー 自体には思い入れがないんですよ。

ただ予告がけっこう面白そうだったし、ハルクと笑いの神ロキが出るというので見に行くことにしました。

いやぁ、大正解でした。

笑いの神は今回もいい仕事してます。

さぷら〜いず!!

 

本編はテンポもよく、アクションの合間合間にギャグが挟まれてて時間があっという間に過ぎていく感じ。

最近のアメリカのヒーロー物は「正義とは何か」みたいな小難しいテーマが多いですが、これは実に単純に悪くて強い奴をぶっ飛ばそうというお話なので、気軽に楽しめるのもいいですね。

敵キャラに志茂田景樹先生激似な人が居たり、そこで日本語ジョークが出てきたりは日本向けのローカライズですかね?

 

ただギャグ空間がメインなので、お前らそんなキャラだっけ?という違和感は少々あります。

特にハルクさんとバナー博士の被害は甚大!

でも面白いからいいよね?

 

アベンジャーズでコミカルな演出、特にハルクが笑いの神をビターンビターンするシーンが好きな人なら絶対に見に行くべきです。

銀魂好きな人も楽しめるはず。

 

最後にチョロっとアベンジャーズへ続くよ的な蛇足シーンがありますが、本編自体はきちんと終わってるので安心してください。

次のアベンジャーズもこんなんだったら楽しそうなんですが、無理なんだろうなぁ・・・

「ブレードランナー 2049」を見てきました

ブレードランナー 2049」を見てきたんですよ

 

二時間四十分もあるので、空調の聞いたところでゆっくり座って休憩したい人にはいいかも・・・

 

もともとの「ブレードランナー」はディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るのか」が原作ということは有名ですが、この二つってかなり印象が違うんですよね。

 

原作は面白く無いわけでは無いんですが、映画版の映像のインパクトが大きすぎて、私としては映画版の方が好みでした。

さて「ブレードランナー 2049」なんですが、これは映画版のストーリーと世界観を上手いこと継承しつつ、ストーリーの方はかなりディックよりな話になっています。

折り紙の人が出てきた時はかなりテンション上がりましたね!

ストーリーに絡まないチョイ役だったんだけど・・・

バーナード嬢曰く。」の神林さんがむっちゃ早口で解説しそうな感じ。

自分を形成していたものがどんどん崩れていって、自分は何者なのか悩むっていうアレです。

 

映画に爽快感とかハッピーエンドを望んでいる人は見に行かない方がいいです。

前作のブレードランナーのファンなら、気にいるかどうかは半々。

未来世紀ブラジルも好きならOKかも・・・

ディクのファンならまず大丈夫だと思います。

ぶっちゃけラストはけっこうアレな感じですが、そこは前作も映像でごまかしてた感強いからなぁ・・・

 

この映画の中でAIが演じる架空の人格を等身大の立体映像として投影して、インタラクティブにコミュニケーションをとるシステムが出てくるのです。

あれ、等身大にするから処理が膨大になってシステムも大きくなるのであって、15センチくらいなら投影システムも小さくなるから、小型のドローンにでも詰めば自由に動き回れるようになると思うんですよ。

つまり武装神姫が実現できるとうことなんですよ!

あれは是非とも実用化してほしいなぁ・・・

2017年秋アニメ その四

季節外れの台風で出かけるだけでも大変なの に、こんな日に大義すらない解散選挙した政権は苦しみ悶えて滅びてほしい・・・

それにしても今期はアニメの方もパッとしないですね。

公私共に辛いことが続いているので精神が摩耗して楽しむことが出来なくなってるかもと疑いましたが、三者三様の録画を見たら笑い転げてしまったので、単に今期のアニメが駄目なんだと思います・・・

 

ネト充のススメ

ヒロインがなんか能登っぽい声だけどちょっと違う系なのでどうせ上田麗奈なんでしょと思っていたら、他に上田麗奈っぽい声のキャラが出てきて兼役かと思ったら、普通に能登麻美子さんと上田麗奈さんの二人がキャスティングされていた罠・・・

関西ではどうせマンパ枠でInfini-T Force一緒に録画されるので見ていくことにします。

 

血界戦線 & BEYOND

三話まで見ましたが、スラップスティックというよりは、単にキャラが多くてガチャガチャしてるだけなのでパス。

 

クジラの子らは砂上に歌う

なんかピンと来ないというか、キャラとストーリーと演出に不協和音があるというか、見てて妙なストレスを感じるんですよね。

後一回見てそれが解消されないならパス

 

少女終末旅行

知ってますよ、この石田が黒幕なんでしょ!

最終回で「君たちは僕の思った通りに動いてくれたよ」とか言うんですよね?

これは見ていくことにします。

 

牙狼GARO>-VANISHING LINE-

説明の為に段階的に話を進めてるのは分かるんですが、幹となるストーリーがあるんならそれを放置するのはどうかと思います。

やっぱりパスでいいや

 

Just Because!

なんだろう、まったく趣味じゃないのに何かが引っかかる・・・

仕方がないのでこれは見ていくことにします。

 

いぬやしき

これと十二大戦は見ている側の意表を突くことに特化しすぎて、逆に予想しやすくなっている気がします。

三話までは見るけど多分パスすると思います・・・

 

つうかあ

これはリアルと虚構のバランスとかシリアスとコメディのバランスとか、いろいろと調整不足な感じですね。

可愛い女の子がやたらギスギスしていて、長い髪なびかせて回転する車輪の横で無茶なポーズして、それで事故が多発しないとかどんな不思議空間ですか。

これはパス

 

Code:Realize~創世の姫君~

サンジェルマンにヘルシング教授まで出てきて、欲張りさんだなぁ。

その調子でネモ船長とかジャック・ザ・リッパーとかいろいろ出してください。

 

ボールルームへようこそ

ついにペア同士で大喧嘩して、疑似恋愛関係をうまく利用した展開にキュンキュンしてしまう・・・

それにしてもやっぱりマコちゃん可愛いですね

 

魔法陣グルグル

なんだかんだで肩肘はらずにゆったり見れる良作ですよね。

癒やされます

 

モンスターハンターストーリーズ RIDE ON

新シリーズは敵の設定も扱いもありがちでアレですが、ナンバーズとか村の人達の扱いは相変わらず上手いなぁ・・・

それだけに色々と悔やまれます。

 

2017年秋アニメ その三

ようやく涼しくなって、柿が美味しい季節になりましたね。

体調管理に気をつけつつ、録画したアニメを消化していかないと・・・

 

Code:Realize~創世の姫君~

二期連続でロンドンが舞台のスチームパンク物が放映されるとか、どういうことなんでしょう?

プリンセス・プリンシパルと違ってこちらはキャラ流用ありのようですね。

ただルパンがメインだとホームズが悪役になる可能性高くて心配。

とりあえず様子見。

 

つうかあ

架空のレースもの?

一話はよくわからなかったけど、とりあえず様子見。

 

干物妹! うまるちゃんR

久々の二期ですが、これお兄ちゃんいない方が話がスムーズに進みますね。

お兄ちゃん出てくると駄目妹成分が多くなって、ヒロインを肯定しづらいんですよ・・・

とりあえず様子見。

 

僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

はいはい、エロアニメエロアニメ。

これはパス

 

犬屋敷

これ主人公の声をもう少し聞き取りやすくできなかったんですかね。

なんかスタッフだけノリノリで、視聴者のことを悪い意味で忘れている気配。

とりあえず様子見。

 

3月のライオン

ねえこの主人公のクズはなんで科学部の活動無視して、将棋のことばかりやってるの?

科学部の人達がいい人ばかりなので、主人公のナチュラルなクズっぷりが際立ちます。

部長がラムネのこと言い出さなければ、科学部の存在意義が消滅するところでしたよ。

はやくこのクズ退場しないかなぁ・・・

このクズ以外はいい人しかいないので、誰が主人公になっても楽しいと思うんですよ、マジで。

 

ボールルームへようこそ

ダンスのペアが疑似恋愛関係になってる上に、ただのスポーツでなく芸術であるというのがうまく使われていていいですね。

ライバルが親友になったり、それまでの自分の武器を全否定された主人公が一から出直すことを決意する展開も熱くて好きです。

ただカジュは試合観戦にマコちゃんを連れてくるべきだと思うんですよ。

ホント、駄目な兄だな・・・

 

ウルトラマンジード

AIBのゼナ先輩はシャドー星人だからどうせ悪い人なんでしょうと思っていたことを心から謝罪したい・・・

敵同士なのにゼナの悪口を言って盛り上がるモアとクルトが、本当にゼナのこと好きなんだなぁという感じでとても良かったです。まさかこの番組でこんなに泣いてしまうとはなぁ・・・

無表情であれだけの悲しみを表現するゼナの役者さんもすごかったですね。

カム・タタール・シャドー、カム・タタール・シャドー・・・

 

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」を見てきました

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」を見てきたんですよ・・・

 

初めに言っておきますが、今年見た映画の中で最低の話でした・・・

 

正直、見てる映画すべて書いてはいないんですよ。

特に良いところのない映画なんて感想書いても嫌な気分になるだけだし、少しはいいとこ無いと書く気も起きないもんですし・・・

でもここまで酷いと、逆に書かずにはいられなくなるので不思議なもんです。

 

今回はアンドロメダが冒頭回想シーンでしか出てきません。

コレだけでかなりのマイナスですが、そんなの気にならないくらい酷いので安心してください。

 

過去の栄光に浸って、もうチヤホヤしてくれない周囲の評価に不満を持つ若者達が、ホントかどうかもはっきりしない集団幻覚にすがって反乱を起こし、まあ過去の功績に免じて好きにさせてあげよう(どうせ遠くに行くんだし)という大人の判断で許されたのが旋回までのあらすじ。

今回は敵の大将もヤマトの若者達に輪を掛けてメンタルを病んだ夢見る少年だったことが判明したのも酷い話なのですが、そんなの気にならないくらい脚本が酷いので安心してください。

 

 なんだかよくわからない理由でヤマトクルーは無事なんだけど全体として凄いピンチに陥ったものの、伏線もない凄い発想でピンチを乗り越えてめでたしめでたし。

そんな馬鹿馬鹿しい展開をたった90分程度の間に三回も繰り返したのですよ!

そりゃヤマトと言えば真田さんの「こんなこともあろうかと」がネタになるようなご都合主義アニメでしたが、それがさらにパワーアップするとは・・・

推理小説に例えるなら、密室殺人でなんの手がかり得られず犯人もトリックもまったくわからない状態で、犯人がレストランで自白剤入りの食事を偶然食べてしまいトリックをペラペラと喋りだし、そこにたまたま探偵が居て犯人逮捕につながって、そのトリックというのがたまたま落ちていたバナナの皮を偶然踏んづけた犯人が転んだ瞬間に突然超能力に目覚めて密室にテレポートして被害者を殺したというものだった・・・そんなレベルの話です。

人を馬鹿にするのも程がある!!

 

もともとヤマトなんて戦争に個人の感情を持ち込んだ上に、ご都合主義で個人の感情が集団を圧倒するというバカなお話でしたが、壮大な音楽と波動砲というわかりやすい必殺技が大受けして大人気になった訳です。

それが波動砲を禁じ手にすればこんな話にはなるわなぁ・・・

そもそも波動砲だけが駄目で、それ以外の主砲や魚雷はバンバン使うのが意味不明なんですよね。

それは原爆だけが駄目で、普通に空襲されただけなら何万人死のうが興味ないという広島の似非平和主義者と同じイカれた思想ですからね。

 

ダンケルクみたいに戦争を現象として捉える客観性があればまだましなんですが、まあヤマトは昔から個人の感情だけで戦局が左右されちゃう精神主義のご都合主義だからなぁ・・・

 

お金と時間はたっぷりあるので、どちらも無駄遣いをしたいという人なら見に行っても満足出来ると思います。

ホントお金と時間を無駄にしただけでした・・・