kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

小手先の節電

今週のお題「2013 日本の夏」

あれ、このお題前にもやらなかったっけ?

 

猛暑だと電気使用量も心配になりますよね。我慢しすぎて身体壊しても意味ないですが、それでも節電はしたいんだという人向けに、我慢しなくていい節電方法をいくつか書いておきます。

 

まずは冷蔵庫。

冷蔵庫は、ようは中の熱を外に逃がしている機械な訳ですが、外の温度が高くなるほど熱を逃がす為のエネルギーが多く必要になるので電気代がかかる訳です。電気代だけの問題でなく、冷やすためにモーターが回れば回る程余計に熱が発生して、暑くなるしうるさくなる訳ですが、だからと言って止める訳にもいきません。

じゃあどうすれば言いかというと、冷蔵庫を冷やしてやればいいのですよ。

昔の奴は後ろに大きな廃熱板がありましたが、最近は側面から廃熱するものも増えてきたようですって言うか、うちの冷蔵庫がそうです。ぺたぺたと冷蔵庫の周囲を触ったとき、特に熱い部分がありますよね。そこで廃熱してるので、ようはそこを冷やしてやればいい訳です。

その周辺で空気の流れがよくなるように、出来るだけ物を置かないのがいいんですが、それが無理ならUSBの小型扇風機で風を送ってやるという方法もありますが、

大型の扇風機の場合は電気代が相殺されかねないですね・・・

冷蔵庫がいつもうるさいと感じる場合、ひょっとして廃熱部分を塞いでる可能性があるので、一度レイアウトを見直すのもいいかも知れません。

クーラーの室外機も同じ理由で日陰の風通しのいいとこに設置した方がいいんですが、こっちは簡単に動かせないからなぁ・・・

 

次はLED照明。

いやうちは蛍光灯だからLEDに換えてもあまり節電にはならないよって人もいるかも知れません。確かに消費電力だけ考えると、LEDの方が低いとはいうものの蛍光灯とでは劇的な差ではないんですよね。ただ夏にLEDを使うメリットはそれだけじゃありません。

虫です。

光に誘われてやってくる虫が劇的に減りますので不快指数も下がるし、虫を外に出したり殺虫剤を換気するために窓を開ける必要もなくなるのでその分冷房代が浮きます。LED照明も随分安くなったし、まだ導入していないご家庭はこの機会に検討してはいかがでしょうか?

広告を非表示にする