kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

時代の流れ

げんしけん二代目も三話にしてようやく声の違和感を感じなくなってきました。私の好きな笹原妹もようやく出てきてこれからが楽しみです。笹原妹が好きと言ってもギャル系のキャラが好きなんじゃなくて、自分から積極的に動くタイプが好きなんですよね。なのでスーもお気に入りです。

げんしけんももう十年も前のお話なので、今の若い子から見ると初めのころはどうなんだろってのは気になりますよね。くじびきアンバランスがらぶひなのパロディみたいなモノだったので、今だと逆に新鮮な感じなのでしょうか。時事ネタはすぐ風化するというのは究極超人Rの頃からネタにされてますが、一巻から一気に読むとやっぱりいろいろ厳しいですね・・・

 

同じような感じで読むのをためらっているのがコレ。

 

今となっては作中でその時流行ってるオタクネタを喋り捲るメタキャラの元祖みたいなもんですが、げんしけんが十年前なら、こっちは二十年前。らぶひなどころか、少女革命ウテナとかそのあたりですよ。ついにめでたく完結したという噂を聞いて心惹かれるものはあるのですが、さすがに二十年のギャップがあると躊躇してしまいます。完結してくれるのはありがたいことなんですが、中断しないのが一番嬉しいですね。特に時事ネタ使いまくるタイプの作品は・・・

広告を非表示にする