kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

まだまだ終わる

純潔のマリア

結論から言うと人気声優にエロいことを言わせるアニメでした。

ちょっとでも普段の風習が違えば同じ人間扱いされないような時代に、このヒロインのような全ての争いを否定する思想の持ち主がいること自体がある意味奇跡。

ただ天の教会というのがよく分からないままだったので、全体的にはふわふわした印象でしたね。劇中で力を失いつつある妖精を旧きものと呼んでましたが、古さで言えばミカエルだって相当なもの。そこはいつから存在したかというより、どのように存在してきたかというのが重要なのでしょう。

神様にしろ天使にしろ、元はある部族の氏神だったりある地方の土地神だったりしたのが、征服したりされたりするうちに共有されて有名になってきた訳で、逆に共有されることなく忘れ去られていくのが旧きものということなのかと。じゃあ天の教会が争いを止めようとしないのは、自分達の信者が相手を征服することで自分達の力の拡大を狙っていたのかというと、その辺がさっぱり分からなかったんですよ・・・

 

ヒーローバンク

二期は総理の情けなさがうんざりでしたが、全体的にはよい子供番組でしたね。

ラスト近辺で一期の頃の登場人物をフォローしてくれたのもありがたい。でももう少し頼りになる大人を配置して欲しいというのが本音です。

 

みりたり

艦これもこんな感じでやったらよかったんや・・・

広告を非表示にする