読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』見てきました

アニメ 映画

ドラゴンボールZ 復活の「F」』を見てきました。

感想を一言で言うと、「ヤムチャの扱いひでーな」につきます。
実は映画のポスタークリリンの上にいる緑のジャージがヤムチャだと思っていたので、事実を知った時の落差ときたら・・・
好きの反対は嫌いではなく無関心とはよく言ったもので、スタッフ一同のヤムチャへの思いがよく伝わってくる映画でした。

 

内容は、まあいつものドラゴンボール映画ですよね。
前回は久し振りの新作と言うこともあって懐かしさというかお祭り感が大きかったですが、今回はその辺のご祝儀相場が無くなって、自分でも驚くほどシビアな目線で鑑賞してしまいました。

ストーリー的にはなんの捻りもなく、ただ悪い奴をやっつけて終わりなだけなので、かなり時間をもてあまし気味。


フリーザがパワーアップする理由もそんなことでいいんかいという程あっさりしてるし、フリーザ戦の前の前座バトルも緊張感ないし。せめてフリーザ軍が多方面から攻めて来て、地球側の戦士が各地でそれを各個撃破するくらいの工夫はしてほしかったです。
映画のアレは時間調整以外の意味がまったくなかったですからね・・・

 

まあドラゴンボールの映画なんて昔からそんなもんなんですが、せっかく時を超えて復活したのだからもうちょっとなんとかしてほしかったところ。
ベジータもピッコロも天津飯も初めは敵として現れた訳だし、フリーザだってただの復讐魔にしておくのはもったいないと思うんですよ。強さがインフレしきった世界で、これ以上強いキャラをレギュラー化させるわけにはいかないという事情も分からないではないですが・・・

 

最後に、フリーザが送り込まれたような地獄なら、私は喜んで行きますよ。