kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

録画消化

そろそろ今クールもゴールが見えてきましたね。既にゴールしちゃった番組もちらほら出てきましたが・・・

 

くまみこ
ようやく終わってくれたという感じですが、もしかしなくてもコレはバッドエンドですね。
結局この話ってヒロインに無理難題押しつけて虐めてその反応を見て楽しむだけの話で、ヒロインに共感したり成長を見守る話ではないんですよね。
まあ原作通りだと言えばそれまでなんですが、唯一ヒロインが優位に立てたシマムラ回がパッとしなかったから、ひたすら苛められていた印象しか残って無くて・・・
原作ですらどんどん出番が減っていくヒロインをメインに据えたらこうなっちゃうのは仕方のないことなので、そんな選択をしたアニメのスタッフには反省していただきたいところです。

 

コンクリート・レボルティオ
二期は話の構成がシンプルになった分、脳内で補完する分量が減って、見やすくなったと同時にメッキがはがれた印象。
最近流行りの正義と悪の再定義をしつつ、昭和という時代を再構成しようとしたのだろうけど、最後の結論が「立場によって正義は変わる」という三十年以上も前にガンダムで出したものと同じというのは・・・しかもそんなこと言いつつ最後に分かりやすい悪役を出して、それを倒して終わりというのは正直がっかりです。

 

リルリルフェアリル
今回はいい話・・・だったんでしょうか。このアニメはなんと言いますか、無味無臭の毒が混入されていて、気がついた時には手遅れになるイメージ。
野生動物に対する凄まじい共依存関係を描いた前半と、異性に対する一方的な依存を描いた後半・・・うん、やっぱりアウトな気がしてきた・・・
ローズをアネさんと慕うアザミは、三者三葉での葉子様と山Gですね。そうするとすみれが葉山妹ポジションで、ひまわりが双葉ポジション、ちやほやされてすぐ有頂天になるりっぷは西山あたりでしょうか。器の小さい人が依存されるとりっぷのように共倒れになるので、やっぱりローズや葉子様の方が依存されるのには向いているということなのでしょうか・・・


プリパラ
トライアングルの秘密をもうばらすんだ・・・
思いついた時はいけると思ったけど、実際やってみたら使いづらかったということでしょうか。
なんか凄い行き当たりばったり感。

 

聖戦ケルベロス
サラートの素性が明らかになりましたが、戦闘ロボット作れと言われて美少女作った博士が趣味に走ってて凄い・・・
しかもドール愛好家みたいに自分の作品に執着するタイプですね。
シャリシャルーが捨て駒にされた程度の理由で裏切るのにはがっかりですよ・・・

広告を非表示にする