読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

西尾維新著「非業伝」を読んで

悲鳴伝から続くシリーズの五冊目ですね。

 

四冊目でいろいろ片づけに入って、次でまとめに入るのかと思ったらまさかの寄り道編。
呆れたことに主人公がほとんど出てきません。
正直、かなりきついっス。いろいろな意味できついっス。

 

悲鳴伝は分厚くとも話がサクサク展開したのでまさに息つく暇もなかったのですが、
二巻以降は分厚いだけで一シーン進めるだけでも無駄な語りの水増し感がハンパない訳ですが、
五巻に至ってはシーンそのものが水増しされているというか章の半分は無くてもいいよねという感じ。

 

はっきり言ってしまえば、出落ちキャラの出落ち感を説明する為だけに一冊丸ごと使っているので、そんなことができるというのは物書きとしての技量は凄いんでしょうけど、キュウリ一本でフルコースを作るコックのようなもので、誰がそんなこと喜ぶのかと・・・

 

次の巻で四国編は終了らしいのが唯一の救いですね・・・