読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kindle沼日記

電子書籍のことを中心にまったりとやっていきます

田中ロミオ著「人類は衰退しました 未確認生物スペシャル」を読んで

久しぶりのシリーズ新刊。

 

完結してから二冊目・・・というと何だか時空の歪みを感じる表現ですが、番外編という位置づけなのでしょうか?

短編集ですが書かれている内容的には完結後の話と解釈できるものがほとんどなので、普通にシリーズ続編的な感覚で読めます。

アニメ化の影響は大きなもので、読み始めると今だに主人公の真面目っぽいけどやる気のない声のイメージで読んじゃいますね。

この作者の本は精神状態によって内容の浮き沈みが激しいですが、今回はやや沈みがちな上昇気候という感じで、ややシニカルなファンタジー世界がホントにシリーズ続編感覚なので、シリーズのファンなら安心して読めるかと思います。

でも主人公が調子にのっていろいろ墓穴を掘っちゃうようなお話もまた読んでみたいものですが・・・

 

次巻の発売も予定されているようで、アニメ二期の企画とかあるのでしょうか。

次はもっと「解決☆」的な展開もよろしくお願いします。